古銭は、小銭ではなく大金になるかも?

古銭は価格差が極端に大きい

古銭の価値が馬鹿にできないのは、殆ど同じものに見えるものが、わずかな違いだけで市場評価が極端に変わるからです。明治以降の近代銭で言えば、同じ1円銀貨に見えても、その製造年が違うだけで、10倍以上の価格差が生じます。これは、製造年によって製造数が極端に違うからで、稀少性も極端に違うことによるものです。
保存状態についても同様のことが言え、残存している古銭の大部分が市場に流通することで摩耗したり錆びたりして、保存状態が並以下になっています。美品状態のものは非常に少ないため、偶然にもタンスの引き出しの奥などで新品のまま死蔵状態にあった数少ないものだけが、飛び抜けて高評価になります。たとえ1枚でも、そのような稀少品が見付かった場合、大金に化ける可能性があります。

江戸時代の古金銀なら評価高し

江戸時代の金貨銀貨が土蔵から出ることは、時々あります。大判小判は高額評価なのは誰でも知っていることでしょうが、大判小判にも稀少性の大小があって、これも極端な価格差が生じるのです。素人目には大差ないように見えるものでも、極端な価格差が生じます。
銀貨にも高額評価になるものがあります。丁銀と呼ばれるナマコのような形をした秤量貨幣の銀貨は、稀少なタイプとなると数100万円にもなります。ありふれた丁銀なら数万円程度です。丁銀は、大判小判のような派手さはなく地味に見えるものですが、途方もなく高額評価になるものがありますので、小判以上に期待できるかも知れません。
穴あき銭は、もっとありふれていて地味なもので100円程度のものが大部分ですが、珍品の可能性もあり、軽く考えることはできません。